ビジョンで連動する組織をつくる 〜 組織の連動性を高める新コーチング研修体系 〜

■ Visionコーチセッションの2領域

鎌倉VisionCoachが、Visionづくりの専門家として実施している個人コーチングは次の2つです。

 ① 受け継いだ事業を飛躍させる「新経営Visionづくり」  (企業トップコーチ)
 ② 右腕人材に安心してまかせる「新任者Visionづくり」  (エグゼクティブコーチ)

■ Visionコーチセッションの内容

”未来のつくり方(顕われ方)”をお教えし、未来の素である”今の扱い方”を習得していただくのが、このVisionコーチセッションです。
具体的には、一回1.5〜2時間のセッションを、2週間に一回の頻度で実施していくのが標準形ですが、初回のヒアリングにて個別にスタイルを決定していきます。

”未来のつくり方”のコツはセッションの中で段階的にお伝えしていきますが、例えば下記のようなテーマが盛り込まれてくるでしょう。

* 本来の自分とは?
* エゴ(思考/マインド)の巧みな罠について
* 観念の性質/構造を理解する
* 対人観覚の磨き方、etc.

そして、いくつかのコツをお伝えした後は、百人十色のVisionを、百人十色の方法でその人自身が見つけていけるように、本物のコーチングで並走していきます。
このフェーズでは、中途半端なティーチングは一切しません
コーチは鏡役に徹して、あなたのVisionを隅々まで鮮明に映し出す反射板になります。

* Visionの質感を確かめる
* 今の幸せへの注意力を高める
* 流れに気づく、流れにのる
* Visionが顕われる
* 行動が起こる(自動詞)、etc.

例えば上記のようなことを、誰もが自然に体験していけるように、鎌倉VisionCoachでは次のようなことを大切にしています。

■ Visionづくりの3姿勢

① 個起点主義

あくまでクライアント個人のSOULを起点にVisionを顕現化していきます。
企業オーナーをコーチする際にも、この方針は変わりません。
このVisionなら周りが引きつけられる、という発想からはコーチしません。
クライアント自身が本来の自分に正直になっていくことこそ、他者とつながる早道だからです。
全ての人が自分のSOULに従って生きることを鎌倉VisionCoachは全力で応援します。

② プロセス主義

日々、Visionを生きる。
すなわち、Visionの実現そのものよりも日々の幸福感を増大させていくことに主眼を起きます。
今この瞬間が未来の素です。
Visionの実現は後からちゃんとついてきます。
逆に、引き寄せてもしょうがないVisionを追いかけても、後で空しさを経験するだけです。
鎌倉VisionCoachは、今この瞬間から幸せを実感させていきます。

③ 自然主義

最後は自然(=宇宙)の法則に沿っているかどうかを大切にしていきます。
人間社会も包みこんでしまう大きな存在、それが自然であり宇宙です。
自然の法則に反するVisionは、必ずなんらかのシグナルで自然のほうから警告してくれます。
その兆候を見逃すことなく、クライアントが根本の流れに乗り続けられることを鎌倉VisionCoachは見守っていきます。

■ 7つのこだわり

① 徹底的に聞きます(鏡に鮮明に映し出します)
② スタジオの「気」を快適な状態に保ちます(清潔な環境)
③ 毎セッションのお土産に、セルフコーチ用ワークシートをお渡しします
④ 会話だけでなく、動きを伴った五感を活用したワークも用います
⑤ コーチ自身が体験を通じて検証済の智慧しか薦めません
⑥ 鎌倉の土地の力を最大限に用います
⑦ 必要に応じてステークホルダーにも関わっていきます(部下へのグループセッション等)

* * *

『花は観手(みて)に咲く』

世阿弥の言葉で、「“花”(感動のたとえ)は能を舞っている演者にあるのではなく、観ている観客に咲く」という意味だそうです。
Visionコーチセッションの主役はあくまでクライアントであり、全てのこだわりはクライアントに以下の感覚を体験していただくことを目指しています。

SOUL-Vision keeps us on the right track.

研ぎ澄まされたVisionを育む過程で、日々が適切であることを心の奥底から確信していってください。